• 商品紹介
  • 事業所紹介
  • 品質の取り組み
  • 社会・環境
  • 会社案内
  • 採用情報

採用情報

  • 募集要項
  • よくある質問
  • ニッポンハムグループについて
  • エントリー/マイページ

S.H 塩漬担当 2016年入社

日本ハムファクトリーのここが好き!

工場には多くの従業員の方が働いている中で、若手社員が働きやすい職場を作ってくれているところです。私は入社1年目ですが、今の職場に配属されてすぐに自分の提案を出す機会を与えてもらい、それを実践させてもらうことができました。スキルアップのために職場の先輩から、細かく丁寧に作業手順や機械の操作方法などをわかりやすく教えて頂けることも魅力だと思います。

また、プライベートでも上司や先輩の方々が定期的に飲み会などを開いてくれるので、普段聞けない上司や先輩の方々の話を聞くことができます。それだけではなく自分自身の仕事の悩みなどを話すことができます。このようなことをして頂けるおかげで私も職場で自分の意見を言いやすくなったり、新しいことにもチャレンジしたいと思う意欲が湧き、とても良い環境下で働けていると実感しています。

業務内容

私はインジェクターという大きな機械を使って、原料肉に味付けする液(ピックル液)を注入するというハム・ソーセージつくりで最も重要な塩漬工程というところを担当しています。注入という作業自体はすべて機械が行いますが、処理後の原料肉を冷蔵庫から運ぶ、その原料肉を機械へ投入する作業の他、注入後の原料肉の温度・重量を記録するといった重要な確認作業が主な業務となります。作業後には機械に不備はないか、部品の欠けがないかを毎日細かくチェックしています。機械の清掃、整備なども行うので機械の仕組みなども知ることができます。

私のいる職場では注入するピックル液も作製しており、最近ではその作製工程にも携わるようになりました。10種類以上ある調味料や香辛料をブレンドする作業になります。どちらの作業も力のいる作業になるのですが、体を動かすことが好きなので楽しく作業しています。

仕事の面白さ、やりがい

ハム・ソーセージ作りで重要な塩漬工程に携わりお仕事できていることです。一日に多量の原料肉を扱うので少しのミスが大きな損失につながります。このことも踏まえ、ミスがないように細かい作業もひとつひとつチェックしながら作業していきます。その中でより効率よくミスなくこなせるようにするにはどうすればよいかと考えながら作業することはとても面白いです。

どの職場でも一日に多量の製品を扱いますが、私の職場が一番その多量感を肌で感じることができると思います。一度に数百キロの原料肉を扱うので、一日の作業終了時には仕事に対する達成感も味わえると私は思います。また、私が製造した製品がスーパー、外食店などに並ぶことを想像しながら作業することでさらに達成感が増します。単純作業ではありますが、自分自身で変化をつけることで作業効率が上がったり、作業がより楽しくなります。

学生のみなさんへメッセージ

私は就職活動をしている学生時代、工場作業というのは単純作業の繰り返しで楽しくないイメージがありました。でも、実際に働いてみると、同じような作業の中でも小さな違いがあることに気づいたり、新しいことにどんどんチャレンジできる楽しい職場でした。

いろいろな企業の説明会に参加し企業のことを調べたり、自分にはどんな仕事が向いているのかと考えたりしていることと思います。しかし、自分に向いていないと思っていたことが実際やってみるとすごく楽しかったり、その逆だったりと、想像とは違うことが起こることもあります。就職活動の時期は自分自身を見つめ直せる人生の中でもとても重要な時間だと思います。その間に少しでも工場作業、ものづくりをしたい、楽しそうと興味を持った方はぜひ日本ハムファクトリーのことも視野に入れて頂けると嬉しいです。

1日のスケジュール

08:00 出社
ラジオ体操・朝礼・作業確認
09:00
インジェクター作業
10:00
原料肉運搬・ピックル液運搬・品質確認・チェックシート記入
12:00 昼食
13:00
インジェクター作業
14:00
原料肉運搬・ピックル液運搬・品質確認・チェックシート記入
15:00
清掃作業
16:00
作業出来高入力・確認作業・作業予定表確認
17:00 帰宅
  • リクナビエントリー
  • エントリー/マイページ